1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 法律・制度
  4. 企業会計
  5. 米国のEPS 会計基準案

米国のEPS 会計基準案

FASB が公開草案の改訂版を公表

2005年12月08日

古頭 尚志

サマリー

◆2005年9月30日、FASB(米国財務会計基準審議会)は「EPS(1株当たり利益)」に関する公開草案の改訂版を公表した。

◆FASB はIASB(国際会計基準審議会)との間で会計基準のコンバージェンス(収斂、統合)プロジェクトを進めている。本件はその一環として1997 年2 月に公表されたFASB StatementNo.128Earnings per Share」(FASB 財務会計基準書第128 号「1 株当たり利益」)を改訂し、国際会計基準(IAS)との調和を試みるものである。

◆basic EPS(基本1 株当たり利益)、diluted EPS(潜在株式調整後1 株当たり利益。「希薄化(後)1 株当たり利益」と訳されることもある)の計算方法の見直し等が提案されている。

◆ここでは本草案の他、EITF(FASB の緊急問題専門委員会)から公表されたCo-Cos(ContingentlyConvertible debt instrument、条件付転換負債証券)の取扱基準に関する草案や、2005年6月に公表された少数株主持分の取扱基準の内容(EPS に関する部分)を紹介する。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加