1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 米国
  5. FOMC 想定通りの利上げ開始

FOMC 想定通りの利上げ開始

正常化に踏み出すも最大で年間1%ptの利上げペースを想定

2015年12月17日

政策調査部 主席研究員 土屋 貴裕

経済調査部 シニアエコノミスト 橋本 政彦

サマリー

◆2015年12月15日~16日に開催されたFOMC(連邦公開市場委員会)では、事実上のゼロ金利政策を解除し、全会一致で政策金利の誘導目標レンジを0.25%pt引き上げた。


◆米国経済の現状認識は「緩やかなペースで拡大している」とされ、10月の前回会合から据え置かれた。個別には労働市場の改善の進捗が強調され、インフレに対する見方はやや慎重さを増した。


◆次回の利上げは経済情勢次第として明確なガイダンスはないが、FOMC参加者による政策金利の見通しの中央値を見ると、2016年と2017年は年間1%ptずつ、2018年は年間0.875%ptの利上げペースを見込んでいる。


◆2回目以降の利上げはインフレ動向、特に賃金上昇がポイントだろう。加えて、金融市場、内外経済などへの影響を確認する必要がある。金利見通しで示された利上げ幅は最大の利上げ幅と言え、結果的に利上げは年に2~3回程度になると想定する。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加