1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 米国
  5. 強弱入り乱れる雇用環境

強弱入り乱れる雇用環境

2013年10月の米雇用統計:金融政策の決定的な判断材料にはならず

2013年11月11日

笠原 滝平

サマリー

◆2013年10月の非農業雇用者数は9月から増加幅が拡大し、前月差20万人台の増加となった。増加ペースの前月差の6ヵ月平均は17万人程度と緩やかな増加が続いている。


◆業種別に見ると、民間・サービス部門が引き続き全体の雇用者数増加をけん引。民間・生産部門も緩やかながら増加幅が拡大しつつある点は前向きに評価できる。政府部門は緊縮財政の影響により減少した。


◆失業率は7.3%と9月から上昇したが、政府閉鎖によりかく乱されており、参考程度にとどめるべきだろう。ただし、労働参加率は大幅に低下しており、質的改善が進んでいない様相を呈している。


◆政府閉鎖による影響を受けたため、金融政策を考える上では、10月の雇用統計は参考程度になるだろう。中身を見ても、強弱入り混じる内容であり、雇用回復の持続性を担保するものではなかった。2014年には財政問題が再燃する見込みであり、容易にQE3縮小に踏み切れない状況だろう。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加