1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 日本
  5. 2020年3月全国消費者物価

2020年3月全国消費者物価

コアCPIは早ければ4月に前年割れ

2020年04月24日

経済調査部 エコノミスト 山口 茜

小林 俊介

サマリー

◆2020年3月の全国コアCPI(除く生鮮食品)上昇率は前年比+0.4%と前月から0.2%pt低下し、市場コンセンサス通りとなった。減速の主因はエネルギー価格の下落であり、これにより0.13%pt押し下げられている。物価の基調を示す新コアコアCPI(除く生鮮食品、エネルギー)上昇率は同+0.6%と前月から横ばいだった。

◆品目別に見ると、「宿泊料」や「外国パック旅行」の前年比マイナス幅は縮小したが、これは春節の日並びの影響が剥落したためである。両者とも依然として前年比マイナスで推移しており、新型コロナウイルス感染拡大に伴う需要減少の影響が見られる。他方、原油安を反映した「ガソリン」「灯油」や、国産牛肉の価格低下などが影響した「生鮮食品を除く食料」は前年比プラス幅が縮小した。

◆先行きの全国コアCPIは、早ければ4月に前年割れし、その後もマイナス圏で推移するとみている。新型肺炎感染拡大に伴う世界的な活動制限・自粛を背景とする需要の減退により、日本経済は急速に悪化する見込みである。マクロの需給バランスの悪化に加え、原油安によるエネルギー価格の急落が物価を下押ししよう。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート