1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 日本
  5. 2019年10月消費統計

2019年10月消費統計

駆け込み需要の反動と台風の影響で大幅減

2019年12月06日

経済調査部 エコノミスト 山口 茜

小林 俊介

サマリー

◆10月の消費は需要側統計と供給側統計の双方で大幅な減少が見られた。これは、消費増税前の駆け込み需要の反動による影響が大きい。駆け込み需要が顕著に見られた高額品を中心に、幅広い業種・品目で反動減が生じた。また、10月は台風19号が関東甲信・東北地域を中心に甚大な被害をもたらした。被害のあった地域では外出が控えられ、店舗によっては臨時休業や営業時間短縮を余儀なくされた。こうした天候要因が、幅広い財やサービスの消費を下押ししたと考えられる。

◆先行きの実質個人消費は、10月を底に緩やかに増加傾向が続くとみられるものの、増税前の水準に戻るまでに数ヶ月はかかるだろう。当面は各種経済対策の効果もあり堅調に推移すると考えられるが、2020 年度にかけてはその効果が剥落することで消費が抑制され、一進一退の推移になるとみている。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート