1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 日本
  5. 2019年7-9月期GDP一次速報

2019年7-9月期GDP一次速報

駆け込み需要を在庫減少と外需の停滞が相殺し、薄氷の4四半期連続プラス成長

2019年11月14日

経済調査部 シニアエコノミスト 小林 俊介

サマリー

◆2019年7-9月期の実質GDP成長率は前期比年率+0.2%(前期比+0.1%)となり、市場コンセンサス(前期比年率+0.8%、前期比+0.2%)を大幅に下回った。GDPの特性上、自動車の駆け込み需要が出荷段階で4-6月期からカウントされ7-9月期の消費の伸びが統計上は抑制されたこと、7-9月期に在庫が減少したことに加えて、輸出が振るわなかったことから、4四半期連続ながら辛うじてのプラス成長となっている。

◆先行きの日本経済は、潜在成長率を若干下回る低空飛行を当面続ける公算が大きい。過去において日本経済の懸念材料は「輸出の不振」であり、外需の低迷を底堅い内需が支える構造が続いてきた。しかし駆け込み需要の反動や、消費増税に伴う負の所得効果などを踏まえれば、内需の力強い成長を見込むことは今後難しくなってくる。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加