1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 日本
  5. 経済指標の要点(3/17~4/17発表統計分)

経済指標の要点(3/17~4/17発表統計分)

2018年04月17日

経済調査部 エコノミスト 山口 茜

経済調査部 研究員 廣野 洋太

小林 俊介

金融調査部 研究員 中村 文香

サマリー

◆2018年2月の企業関連の指標を見ると、鉱工業生産指数は、前月から横ばいとなった。他方、機械受注(船舶・電力を除く民需)は、前月比+2.1%と2ヶ月連続で増加した。非製造業(船舶・電力を除く)は横ばいであったが、製造業(同+8.0%)が全体を押し上げた。製造業の受注は、1-3月期は前期比▲7.0%の見込みであるが、1-2月の実績に基づくと、1-3月期は前期比でプラスの着地となることが確実とみられる。一方、非製造業は足下で横ばい圏の推移となっているものの、1-3月期は6四半期ぶりのプラス着地となる可能性がある。

◆2018年2月の家計調査によると、実質消費支出は季節調整済み前月比▲1.5%と2ヶ月ぶりに減少した。1月の消費支出が比較的大きな増加(2017年12月比+2.8%)であった反動もあり、実質消費支出は、一進一退の推移を続けている。他方、2月の完全失業率(季節調整値)は前月から0.1%pt上昇し2.5%となった。また、有効求人倍率(季節調整値)は前月から0.01pt低下し1.58倍、正社員の有効求人倍率(季節調整値)は前月から横ばいの1.07倍となった。

◆今後発表される経済指標では、5月16日発表予定の2018年1-3月期GDP(一次速報)に注目したい。1・2月の基礎統計に基づけば、1-3月期の実質GDP成長率は、内・外需の弱さを受けて鈍化するとみている。2017年10-12月期に成長のけん引役となった内需では、特に個人消費に注目している。総消費動向指数や消費総合指数の1・2月の結果を踏まえると、1-3月期の個人消費は10-12月期の伸びを下回る可能性が高い。また、外需も力強さに欠ける内容となり、前期比マイナスとなる可能性も考えられる。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加