1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 日本
  5. 2012年10-12月期GDP予測 ~前期比年率+1.2%を予測

2012年10-12月期GDP予測 ~前期比年率+1.2%を予測

企業部門の弱含み続くが、個人消費が堅調

2013年02月01日

齋藤 勉

サマリー

◆2012年10-12月期GDP1次速報(2013年2月14日に公表予定)では、実質GDPが前期比+0.3%(年率換算+1.2%)と、3四半期ぶりのプラス成長になる見込みである。


◆個人消費は季節商材の堅調な動きに支えられて、前期比+0.9%と2四半期ぶりのプラスになると予想する。設備投資は前期比▲2.3%と2四半期連続のマイナスと弱含みが続く中、住宅投資は前期比+3.5%と3四半期連続のプラス、公共投資は、前期比+2.6%と4四半期連続のプラスと、復興需要を背景として堅調な推移が続く。内需は2四半期ぶりのプラス寄与となる見込み。


◆輸出は前期比▲4.2%と2四半期連続のマイナス、輸入は前期比▲3.1%と2四半期連続のマイナスとなる見込みである。国内外経済の減速により輸出入ともに減少した結果、外需寄与度は前期比▲0.1%ptを見込んでいる。


◆10-12月期の日本経済は堅調に推移した個人消費と復興需要を背景に、3四半期ぶりのプラス成長となる見込みである。ただし、設備投資や輸出といった企業部門の動きは弱含みが続いており、所得環境も悪化が続いている。継続的な景気拡大に向けて企業部門の活発化は不可欠であり、海外経済の回復や円安を受けて、輸出や生産が増加に向かうかどうかが今後の焦点となろう。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加