1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 日本
  5. 7月鉱工業生産~生産は予想外の低下

7月鉱工業生産~生産は予想外の低下

下振れリスクが強まっている

2012年08月31日

金融調査部 主任研究員 長内 智

サマリー

【概況】生産は予想外の低下:2012年7月の生産指数は、予想外に低下して、弱含むなど先行き不透明感を高める内容であった。生産指数の季節調整済み前月比は▲1.2%と2ヶ月振りのマイナスとなり、市場コンセンサスを下回った。当社は、事前の生産計画と市場コンセンサスがプラスであったなか、生産がマイナスになった今回の結果をネガティブに捉えている。出荷は前月比▲3.6%と3ヶ月連続の低下となり、減少傾向が強まった。在庫指数は、出荷の低下を背景に、一部業種で在庫が積み上がっているとみられ、前月比+2.8%と3ヶ月振りのプラスとなった。

【業種別の動向】幅広い業種の生産が低下:2012年7月の生産を業種別にみると、速報値が公表されている16業種中12業種の生産が低下した(2012年6月は10業種が低下)。生産が低下した業種で注目されるのは「電子部品・デバイス」、「一般機械」、「鉄鋼」である。他方、生産が拡大した業種では「情報通信機械」が目立つ。これは、「携帯電話」などのスマートフォン関連の生産がプラスに作用したためと考えられる。

【今後の見通し】産の下振れリスクが強い:生産の先行きは、底堅く推移する内需が支えとなり、総じて横ばい圏での動きが続くと見込む。ただし、海外経済減速に伴う輸出向け出荷の鈍化、一部業種で目立つ在庫の積み上がりなど、前月よりも下振れリスクが強まっている。

【製造業の売上動向】7-9月期は3四半期振りのマイナスの公算:鉱工業生産と企業物価指数の動向から判断すると、製造業の2012年4-6月期の売上高(財務省法人企業統計ベース、前年比)は2四半期連続のプラスとなろう。他方、今回発表された生産指数と製造工業生産予測調査に基づくと、2012年7-9月期の売上高は3四半期振りのマイナスとなる公算が大きい。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加