1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 日本
  5. 7月貿易統計~輸出が弱含み

7月貿易統計~輸出が弱含み

輸出金額が市場コンセンサスを大きく下回る

2012年08月22日

金融調査部 主任研究員 長内 智

サマリー

【概況】輸出金額が市場コンセンサスを大きく下回る:2012年7月の貿易統計は、海外経済減速の影響によって輸出が弱含み、先行き不透明感が残る内容であった。7月の輸出金額は前年比▲8.1%と市場コンセンサスを大きく下回り、2ヶ月連続のマイナスとなった。輸出金額の季節調整値をみても、前月比▲1.1%と3ヶ月連続の減少となり、足下で弱含み傾向がみられる。7月の輸入金額は、前年比+2.1%と2ヶ月振りの増加。この結果、貿易収支は▲5,174億円と2ヶ月振りの赤字となった。

【地域・商品別動向(名目)】幅広い商品の輸出が減少:主要商品別にみると、7月の輸出は幅広い業種で減少したことが確認できる。減少した業種では、「化学製品」、「一般機械」、「電気機器」が注目される。他方、輸出が増加した業種では、「輸送用機器」が前年比+1.2%と小幅ながらも6ヶ月連続で増加した。主要国・地域別の輸出金額は、米国向けが前年比+4.7%、EU向けが同▲25.1%、アジア向けが同▲9.0%となった。

【今後の見通し】輸出の下振れリスクが強まる:輸出は、欧州債務問題が一段と深刻化しなければ、腰折れせずに横ばい圏でしばらく推移すると考えている。ただし、下振れリスクは依然として強い。当社の輸出数量指数の推計値が、弱含み傾向にあることにも注意したい。輸入は、これまでの増加基調に一服感が出始めると考える。輸出が横ばい圏で推移して、輸入も高い状況が続く結果、貿易収支が黒字基調に転じるには、もうしばらく時間を要するとみている。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加