1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 欧州
  5. 史上最年少の新大統領はフランスを変えられるのか?

史上最年少の新大統領はフランスを変えられるのか?

マクロン候補がフランス大統領選決選投票で勝利

2017年05月08日

ロンドンリサーチセンター シニアエコノミスト(LDN駐在) 菅野 泰夫

サマリー

◆5月7日に行われたフランス大統領選の決選投票では、中道派En Marche!のエマニュエル・マクロン候補が得票率65.9%を獲得し、反EU、移民排斥を掲げる極右政党、国民戦線のマリーヌ・ルペン候補(同34.1%)を退け、史上最年少(39歳)のフランス大統領に決定した(得票率は99%開票時)。決選投票も事前の世論調査との乖離は少なく、マクロン候補有利の下馬評から変わらなかったといえる。


◆強固な支持基盤を持たない草の根政治運動であるEn Marche!が、フランス議会の577議席数中、絶対過半数(289議席以上)を握れるかが今後の注目点とされる。議会で過半数が握れなければ、硬直した労働法の緩和や公務員削減、法人税減税などの政策を準備しているマクロン候補は信任が得られなかったといわざるを得ない。


◆マクロン候補の使命の一つとして、分断されたフランスで真の改革を断行し、景気回復の筋道をつけることである。これでまで不可能とされてきたことを実現してきたマクロン候補だが、これからは一過性の選挙戦でのパフォーマンスではなく、大統領としての資質を試されることになる。悲観的なムードが優勢であったフランスに、新風を巻き起こす新大統領の誕生にフランス国民は今度こそと改革への期待を募らせている。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加