1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 欧州
  5. ユーロ圏の危機対策の評価

ユーロ圏の危機対策の評価

ECB の介入は成功するか

2011年08月16日

金融調査部 金融調査部長 児玉 卓

サマリー

◆7月21日のユーロ圏による周辺国対策は、アイルランド等被救済国の国債利回りを低下させたが、イタリア、スペインにかかわる市場の不安の沈静化には失敗した。そのツケが回った格好で8月8日に開始されたECB の市場介入が、今のところ両国国債の利回り抑制に成功しているが、これは時限措置であり、より整備されたセーフティネットへの移行がスムーズに行くかが今後の焦点になる。

◆構成国の政治的・社会的状況から、予見される将来のユーロ圏財政統合はあり得ないといってよいが、財政資金ファイナンスという「部分」について各国が統合体に主権を委譲すること、つまりユーロ圏共通債の発行が、比較的息の長い時間稼ぎとしては有効であろう。ただし、その実現にはもう一段厳しい危機を経ることが必要であるかもしれない。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加