1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 新興国
  5. 新興国にとっての最悪期はこれから来る?

新興国にとっての最悪期はこれから来る?

新興国経済ニュースレター(2020年9月)

2020年09月04日

金融調査部 金融調査部長 児玉 卓

サマリー

◆4-6月期のGDP統計は壊滅的数値のオンパレードだったが、月次統計では既にほとんどの新興国の景気が少なくともいったんボトムアウトしたことが示されている。それは感染拡大がピークアウトしたからではなく、ロックダウン的措置のコストの甚大さに直面した各国政府がウィズコロナを選択したからである。

◆結果として感染拡大、再拡大のリスクから我々が解放される時期は相当先になる可能性が高まっている。感染防止策やソーシャルディスタンスの確保と両立しにくいビジネスの苦境も続く。連れて財政政策の持続可能性が問われる局面も増えてこよう。マクロの景気が回復を継続する蓋然性は高いが、だから万々歳とはいかない。

◆加えて新興国に関しては、グローバル金融市場の安定に助けられて今の回復があることを忘れるべきではない。さしあたっての景気の改善にもかかわらず、新興国にとって最悪期は過ぎたとは必ずしも言えないということだ。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加