1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 中国
  5. 中国から見た対ロシア関係

中国から見た対ロシア関係

2013年06月03日

金森 俊樹

サマリー

2012年12月、温首相(当時)がロシアを訪問し、様々な分野にわたる25以上の協力文書に調印、対ロ関係は「過去数十年間で最も良い状態」と述べた。また13年3月の両会(全人代と政治協商会議)終了後、習近平新国家主席は最初の外遊先としてロシア(次いでアフリカ諸国)を選び、訪ロ中、やはり「中ロ関係は列強の中で最良」と述べ、石油・天然ガスのロシアから中国への供給拡大、さらにはロシアの軍事装備品を中国が購入することについても合意したと伝えられている。訪ロ前中国で開催されたある中ロの研究者レベルの座談会では、中国側のロシア問題専門家より、習新主席が就任後全人代で行った演説で多用した「中国の夢」という文言を引用しつつ、中ロの戦略的協力関係を発展させることは「中国の夢の一部を実現させること」、またロシア側からは「訪ロは両国関係の継続性・安定性を示すもの」との発言があったと伝えられる。中ロ関係は確かに緊密化の方向にあるように見え、これまでのどちらかと言えば「政熱経冷」の状況が、「政熱経熱(あるいは不冷)」に変わっていく可能性も中国内で示唆されるに至っている。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加