1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 金融資本市場分析
  4. 金融・証券市場・資金調達
  5. 減少傾向の銀行カードローン貸出、コロナ禍では途上管理が重要に

減少傾向の銀行カードローン貸出、コロナ禍では途上管理が重要に

景気低迷期には収入の減少に伴う資金需要の動向に注視が必要

金融調査部 研究員 藤原 翼

サマリー

◆【全体の動向】銀行カードローン等残高は、全国銀行協会における自主規制等を契機として減少が続いている。また、コロナ禍が続いている足元では、消費活動の低迷により個人の資金需要が減少していることから、銀行カードローン等残高の減少幅が拡大している。ただし、景気の低迷期には生活資金等の不足を補うための資金需要は増える点に留意する必要がある。

◆【業態別の動向】銀行カードローン等残高の近年の減少傾向は、銀行カードローン等の貸出残高の多い都市銀行等で、残高減少が顕著なためである。その一方で、地方銀行を中心に、銀行カードローン等を含む消費者向け貸出を大きく伸ばしている銀行も少なくない。

◆【今後の注意点】コロナ禍において、「新型コロナウイルスの影響を受けた家計」を対象とし、生活応援として金利優遇などを謳う消費者向けローン商品を提供する銀行が見られる。しかし、コロナ禍では収入面など、返済能力の先行きは見通しにくい。そのため、貸出後の途上管理が重要になる。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加