1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 金融資本市場分析
  4. 金融・証券市場・資金調達
  5. 減少続く欧州向け与信と積み上がるケイマン諸島向け与信

減少続く欧州向け与信と積み上がるケイマン諸島向け与信

BIS国際銀行統計(2018年第4四半期)

金融調査部 研究員 坂口 純也

サマリー

◆BIS(国際決済銀行、Bank for International Settlements)によれば、2018年12月末の国際与信残高は25.9兆ドルと、2018年9月末から0.5兆ドル減少した。国際与信残高は2018年第1四半期をピークに減少傾向にある。

◆与信側としても受信側としても欧州に弱さが見られる。背景にあるのは、ドイツの鉱工業を中心とした景況感の悪化やブレグジット(英国のEU離脱)をめぐる不確実性の高まりと考えられる。

◆邦銀や米銀のケイマン諸島に対する与信が増加を続けている。背景には、ケイマン諸島を利用した資金調達需要があるとみられる。オフショアへの与信が増加するほど、銀行の対外エクスポージャーの正確な把握が困難になる点には注意が必要だ。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加