1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 金融資本市場分析
  4. 金融・証券市場・資金調達
  5. 気になる米国外企業のドル建て社債の資金使途

気になる米国外企業のドル建て社債の資金使途

中国企業は「借換、返済、償還」の割合が急拡大

政策調査部 主任研究員 神尾 篤史

サマリー

◆米国以外の企業がドル建て社債で調達した資金使途の近年の特徴は、「固定資産投資」「投資関連」といった将来の収益拡大向けではなく、負債の「借換、返済、償還」が急拡大していることである。

◆特に、ドル建て社債の発行が多い中国企業でその特徴が確認される。中国企業は今後も多額のドル建て社債の償還が続く予定である。数年前よりも米国の金利が上昇していることや米ドルに対する人民元も元安水準にあることから、それら中国企業の財務負担は増す方向にある。

◆2018年には中国企業が発行したドル建て社債のデフォルトが8件発生しており、この先、企業の財務負担が増えるようであれば、デフォルトが増える可能性がある。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加