1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 金融資本市場分析
  4. 金融・証券市場・資金調達
  5. AIIBへの懸念は払拭されたのか

AIIBへの懸念は払拭されたのか

3回目の年次総会を終えて

政策調査部 主任研究員 神尾 篤史

サマリー

◆2016年1月に開業したAIIBは設立から2年半が経過した。加盟国・地域は87か国・地域となり、開業当初の57か国・地域から大幅に増加した。加盟国は、アジア大洋州のみならず、欧州、アフリカ、中南米にまで広がっている。投融資件数は合計28件、投融資残高で54億ドルになり、インドへの案件が7件、13億ドルと最も多い。

◆AIIBに対しては、その投融資の基準が、既存の国際金融機関のそれよりも自然環境の保護などの面で緩くなってしまうのではないかなどの懸念が開業当初より示されていた。しかし、これまで実施した案件のうち、既存の国際金融機関との共同案件が60%以上を占める。また、様々な国際金融機関とMOU(覚書)を結んでいることから、これらの金融機関が行ってきた取組みと全く異なる基準で投融資が行われているとは考え難い。

◆AIIBに日本は加盟すべきか否かについて、多くの意見が存する。加盟が日本企業に裨益するものであるかどうかが考えるべき点の一つである。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加