1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 金融資本市場分析
  4. 金融・証券市場・資金調達
  5. 取引時間拡大で市場の厚みは増すか

取引時間拡大で市場の厚みは増すか

質の高い資本市場構築の観点からは慎重な検討必要

大和総研 顧問 岡野 進

調査本部 執行役員 調査本部副本部長 兼 金融調査部長 保志 泰

サマリー

◆東京証券取引所は、2014年2月に「現物市場の取引時間拡大に向けた研究会」を設置し、夜間取引や夕方取引など取引時間拡大に係る論点整理に取り組んでいる。


◆取引時間拡大は、取引所の機能拡充策としてわかりやすいのは確かだが、その目的である売買高拡大や市場の厚み拡大をもたらすかどうかについて、実績や証拠の裏付けは薄弱である。むしろ、世界の経験から見て、あまり期待を抱けないのが客観的な現実と言えよう。


◆また、成長戦略の要素としての取引所の機能拡充を考えるのであれば、取引参加者の裾野を拡大して「貯蓄から投資へ」の実現に資することが重要となるが、夜間取引などの取引時間拡大は、その目的には必ずしも合致しない可能性が指摘される。


◆本質的な意味で競争力が高く、長期的な成長戦略に寄与する質の高い資本市場の構築、という観点からは、取引所の取引時間拡大には様々な問題点があることから、慎重な検討が必要と言えよう。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加