1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 金融資本市場分析
  4. 金融ビジネス・金融IT
  5. 10年後を見据えた地方銀行の再編の方向性

10年後を見据えた地方銀行の再編の方向性

~試される経営統合の有効性~

金融調査部 主席研究員 内野 逸勢

サマリー

◆大和総研の試算では、現在の地方銀行において2025年3月期に「貸出業務利益率」と「顧客向け業務利益率」が両方ともマイナスになる銀行が全体の6割を超える。それを回避するために各地方銀行は経営努力を続けている。その一つの方法として、地方銀行の経営統合があり、昨年から活発化する動きが各地で見られる。


◆本稿では、過去10年間の貸出金残高の変化率(市場の成長)と預貸金利鞘の低下幅(競争環境)とを軸として、都道府県を4つに区分し、今後の再編の方向性を簡単に示す。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加