1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 金融資本市場分析
  4. ESG投資
  5. ESGキーワード
  6. 洋上風力発電

洋上風力発電

2013年01月30日

洋上風力発電は、洋上、すなわち海の上で風力による発電を行うもので、大別して二つの方式がある(図表1)。一つは「着床式(着底式)」と呼ばれるもので、海底に直接設置する方式である。もう一つは「浮体式」と呼ばれ、鎖などを使って着床式よりも深い海底に固定する方式である。コストの面からは、水深50m程度までなら着床式、それ以上深い場合は浮体式の方が良いといわれている。


図表1 洋上風力発電の種類

図表1 洋上風力発電の種類

(出所)大和総研作成



従来の陸上風力発電と比べると、以下のような利点と課題がある。


[利点]

・風況(風速や風の向きなど)の良いところが多い

・都市部などエネルギー消費の多い地域のそばにも風況の良いところがある

・景観や騒音などの影響が小さい

・規模の経済がきく、大型化・ウインドファーム化が可能


[課題]

・基礎工事、送電線敷設などの設置コストや、メンテナンスコストがかかる

・塩害対策、遠隔監視などの高度な技術が必要

・漁業従事者との合意形成が必要




ドイツやスペインなどを筆頭に、欧州では陸上風力発電の導入が進んでいるが、適地が少なくなってきたため、最近では洋上風力発電の導入も推進している。中でも力を入れているのが英国やデンマークである。例えば英国では、2011年末時点で風力発電全体の設備容量が6,540MWあるが、そのうち洋上風力発電は2,094MWと約3割を占めている(※1)。欧州は遠浅の海岸が多いため、着床式の風力発電の導入が進んでおり、浮体式はノルウェーやポルトガルなどが実験中である。


日本では、山形県、茨城県、北海道の3地域で合計25MW(※2)の着床式の洋上風力発電が稼働している(2013年1月時点)(※3)。周囲を海に囲まれている日本には世界6位の広さのEEZ(排他的経済水域)があるが、着床式に向く浅瀬は少ない。

そこで日本では、浮体式洋上風力発電の実証実験を進めて、海外勢に先行しようとしている(図表2)。


図表2 洋上風力発電の実証実験

図表2 洋上風力発電の実証実験

(出所)NEDO(独立行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構)、環境省、経済産業省、自治体、日本風力発電協会等の資料を基に大和総研作成



(※1)GWEC “Global Wind Report Annual market update 2011”

(※2)2013年3月からは、茨城県で16MWが稼働予定。

(※3)サミットウインドパワー株式会社、株式会社 小松﨑都市開発、北海道久遠郡せたな町の公開資料を合計した。


(2013年1月30日掲載)

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート