1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 金融資本市場分析
  4. ESG投資/SDGs
  5. ESGキーワード
  6. 議決権行使助言会社

議決権行使助言会社

政策調査部 主任研究員 鈴木 裕

議決権行使助言会社は、株式投資を行う年金基金・投資信託・大学寄付基金などの機関投資家を顧客として、投資先会社の株主総会議案に対する議決権行使について賛成投票・反対投票の推奨を行っている。これら機関投資家は、国際的な分散投資を実施しており、日本株を保有している場合も多い。そこで、議決権行使助言会社は、日本の上場会社の株主総会議案の分析を行っており、個々の議案について、理由をつけて賛成・反対の投票を推奨する。


現在は、ISS(Institutional Shareholder Services)が最も有力な業者となっているが、グラス・ルイス(Glass Lewis)と日本プロクシーガバナンスも、日本株の議決権行使に関する助言を行っている。


議決権行使助言会社は、判断基準を独自に策定しているので、同じ議案でも助言会社によって判断が分かれることは珍しくない。


議決権行使助言会社の推奨によっては、会社側提案議案への賛成率が低下したり、まれには否決されることもあり、株主や会社からの関心は高まっている。


(2012年7月31日掲載)

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート