1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 金融資本市場分析
  4. ESG投資/SDGs
  5. 英国企業統治改革-メイ首相の構想は頓挫

英国企業統治改革-メイ首相の構想は頓挫

経営者報酬に関する情報開示の充実を図るガバナンス改革

政策調査部 主席研究員 鈴木 裕

サマリー

◆英国のコーポレートガバナンス改革の方針が示された。


◆就任当初にメイ首相が公約していた、従業員や消費者の代表を取締役会のメンバーにするなど急進的な改革案は、選択肢として残っているものの、実現性はほぼ無いようである。


◆機関投資家の議決権行使に関して、個別議案ごとの投票結果の開示を義務化する案は、見送りとなった。


◆コーポレートガバナンスに関して英国が直面している問題は、急騰する経営者報酬の適正化だ。今回の改革方針では、報酬に関する情報開示の充実や、報酬決定プロセスに従業員等の意見を反映させる仕組み作りが目指されている。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート