1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 金融資本市場分析
  4. ESG投資/SDGs
  5. 気候変動問題への対策の評価対象企業はリターンが好調

気候変動問題への対策の評価対象企業はリターンが好調

CDPのパフォーマンススコアの紹介と、スコア対象企業の超過リターンの分析

伊藤 正晴

サマリー

◆2011年11月に発表された日本企業を対象とするCDPのパフォーマンススコアを用い、スコアリング対象の全企業(全スコア)、スコア上位企業、下位企業の3つのポートフォリオの株式リターンを分析したところ、次の結果を得た。

◆2005年から2011年の7年間の累積リターンが、配当込みTOPIXは-28.8%であったのに対し、スコア上位は+1.9%、下位は-10.6%で、スコア全体では-2.7%となった。いずれも、配当込みTOPIXのリターンを大きく上回っている。

◆各年の配当込みTOPIXに対する超過リターンをみると、スコア上位は7年間すべてでプラス、リターンが安定的に市場全体を上回っている。スコア全体は、スコア下位の影響で超過リターンがマイナスの年が2回あった。

◆スタイル・インデックスを使ってFama-Frenchの3ファクターモデルによる推計を行ったところ、スコア全体は月次ベースで+0.341%、スコア上位は+0.383%の統計的に有意な超過リターンを得ている。

◆これらの結果は、企業の気候変動問題への対策を評価することがSRIにおけるESG要因として有効であることを示唆しよう。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート