1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 金融資本市場分析
  4. ESG投資
  5. ソーシャルメディアを利用する企業が急増

ソーシャルメディアを利用する企業が急増

BtoC企業の活用を参考にIR やCSR でのエンゲージメントに生かせるか

2011年03月15日

サマリー

◆ソーシャルメディアの中でもTwitterとFacebookを使った企業情報の提供が急増している。2009年末においては欧米企業の利用が多く、大企業では8割以上が提供していた。アジアの企業は2010年に入ってから利用が急増しており、増加率では欧米を越えている。主な目的は商品情報やタイムリーな企業情報の提供で、流通・食品・サービスなどBtoC業界での利用が多い。

◆米国ではソーシャルメディアを使ったIR情報の提供が増えているが、双方向性を生かしている例は少ない。CSR情報の提供については、さらに事例が少ない。しかし新商品などへのコメントを利用した商品開発やカスタマーサービスへの活用も出てきていることから、ソーシャルメディアは本業に関連したステークホルダーとの交流に役立っているといえる。このマーケティング的な活用を参考に、IRやCSR活動のエンゲージメント強化の一手段として活用することも考えられる。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加