1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 金融資本市場分析
  4. ESG投資/SDGs
  5. グリーンITブームを競争力強化の機会と捉えよう

グリーンITブームを競争力強化の機会と捉えよう

—省エネ関連制度の改正と環境視点の企業選別の広がり—

2008年09月05日

サマリー

◆環境サミットとも言われた2008年洞爺湖サミットが終わった。同じ年、日本では環境関連の制度が立て続けに改正され、企業の省エネ対応が待ったなしになってきた。改正点で目立つのは、業務部門(一般企業)への圧力が増してきたことである。

◆もう1つの外部圧力としては、環境視点からの企業選別・評価が広がってきたことが挙げられる。

◆これらのための対応を、しかたなしに行う「守りの対応」と考えるか、他社との差別化要因となる「攻めの対応」へのステップと考えるかが、今後のビジネス競争力の違いに結びつくだろう。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加