1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. コンサルティングレポート
  4. ビジョン/中期経営計画
  5. 今から始めるESG情報開示

今から始めるESG情報開示

ESG開示は何から始めれば良いか

経営コンサルティング部 主任コンサルタント 宮内 久美

サマリー

◆企業のESGへの取組みに対する関心が急速に高まっている。一方、ESGの取組みに対する情報開示の意義は、企業に対してまだ十分に浸透しているとは言い難い。

◆これからESG情報開示を始めようとする企業にとって大きな壁となるのが、①ガイドラインやスタンダードが複数あるため何を基準にすればよいのか、②「マテリアリティ」が何を意味し、どう選定すればよいか、という課題。

◆本稿では、新しくESG情報開示や統合報告書を策定しようとしている企業の方々に、ESG情報開示の重要性や現状を踏まえ、何からやり始めたらよいのかのヒントをお示ししたい。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連のサービス