1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. コンサルティングレポート
  4. 株式評価/事業評価
  5. 肥大化する業務

肥大化する業務

その業務は利益に貢献しているのか

2022年05月25日

年金数理計算センター 主任コンサルタント 岡本 紘和

サマリー

間接部門の業務は肥大化しやすいと言われている。変化が激しい現在の経済環境において日々、新しいルールや制約が増え管理すべき資料は増加する。一方、古い慣習により第三者から見れば明らかに不要な業務も仕事として残り続けていることが多い。「多種多様な業務と慢性的な人手不足でとにかく忙しい」という話をよく聞く。多種多様な業務を一つ一つ整理し、改善することが必要だ。限られた経営資源の中で人材は最も重要な資源だ。その人材を有効活用することが持続的な企業の成長につながる。生産性のない業務を見極め、より付加価値の高い業務へ経営資源を投入するためには業務改善は欠かせない。本稿ではそのような考えのもと業務改善について記載する。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連のサービス