1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. コンサルティングレポート
  4. M&A
  5. クロスボーダーM&A統合成功の秘訣 —サンケン電気の事例

クロスボーダーM&A統合成功の秘訣 —サンケン電気の事例

2011年11月17日

経営コンサルティング第一部 主任コンサルタント 宮内 久美

原田 英始

水上 貴史

サマリー

企業価値向上のための経営戦略において、欧米企業のみならず日本企業にとっても、M&Aは重要な選択肢の一つと位置づけられてきている。
クロスボーダー案件は1件あたりの買収金額が国内企業の買収と比較して高く、またその規模は2006年以降拡大する傾向にある。
「クロスボーダーM&A統合成功の秘訣」は、外国企業を買収した日本企業の中から、自他ともに成功事例と認められるケースを取り上げ、買収を成功に導いた秘訣や統合の過程で顕在化した課題などを明らかにするのが目的である。
本稿では半導体メーカーのサンケン電気による米国企業の買収を事例として取り上げる。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連のサービス