1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. アジアレポート
  4. アジアンインサイト
  5. ミャンマー農業 機械化の現状

ミャンマー農業 機械化の現状

機械化進展の実態と日本からの金融支援プログラム開始

2018年08月22日

経営コンサルティング第二部 シニアコンサルタント 天間 崇文

本コラムは「ミャンマーにおける農業の機械化(1)(2)(3):(2014~15年)」で紹介した内容を受けて、その後のミャンマー農業の機械化動向を紹介するものである。この間、政治面では国民民主連盟(以下NLD)政権への移行という大きな変化を経験したミャンマーだが、農業分野は新政権下でも振興の重要性が指摘され、様々な面で近代化へ向けた試みが見られる。以下で改めてミャンマー農業の現状を概観してみよう。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加