1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 法律・制度
  4. 税制
  5. 子ども手当て導入に向けて決定すべき課題

子ども手当て導入に向けて決定すべき課題

2010年度省庁税制改正要望解説(3)教育・子育て関連

2009年09月24日

金融調査部 主任研究員 是枝 俊悟

サマリー

◆2009年8月31日までに、各省庁は財務省に2010年度の税制改正要望を提出した。本レポートでは、教育・子育て関連の省庁税制改正要望事項を、文部科学省の要望を中心に解説する。

◆2010年度の文部科学省の要望には、「子ども手当」に対する措置について言及はない。しかし、昨年度の要望と異なり扶養控除額の具体的な要望はなく、「より一層負担が軽減されるよう、税制上の配慮」を求めると、民主党政権の誕生もにらんだ抽象的な表現となっていた。

◆民主党は「子ども手当」の完全実施までには配偶者控除・扶養控除(一般)を廃止する方針であるが、詳細はまだ詰められていない。方法論によっては、高校生・大学生を扶養する世帯、および23歳以上の子を扶養する世帯の税額が大きく変わってくる。本稿では想定されうるいくつかのケースをもとに、家計負担および財政に与える影響の試算を行っている。

本レポートは、サマリーのみの掲載とさせて頂きます。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加