1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 法律・制度
  4. 税制
  5. 今年(2008年分)の確定申告の留意点(3/3)

今年(2008年分)の確定申告の留意点(3/3)

書類提出編—申告書の書き方の分かりやすい解説

2009年02月24日

金融調査部 主任研究員 是枝 俊悟

サマリー

◆2008年分所得の確定申告が、2009年2月16日から3月16日まで行われる。

◆2008年に上場株式の譲渡損が発生した場合、確定申告をしておけば2009年分以降の上場株式等の配当からの繰越控除も可能となる等、2008年度税制改正により確定申告を行うとメリットを得られるケースが拡大している。

◆本レポートでは、複数の特定口座間の損益通算・(損益通算後の)譲渡損の繰越控除・配当の申告を行う場合を例に、証券投資を行っている個人投資家のための確定申告書の書き方の解説を行う。(なお、2008年分の確定申告の留意点は3本のレポートにより構成されており、本レポートはその3本めである)

本レポートは、サマリーのみの掲載とさせて頂きます。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加