1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 法律・制度
  4. 税制
  5. 民主党税制抜本改革アクションプログラムの公表

民主党税制抜本改革アクションプログラムの公表

与党大綱との比較

2009年01月27日

ニューヨークリサーチセンター 主任研究員(NY駐在) 鳥毛 拓馬

サマリー

◆民主党は2008年12月24日、「税制抜本改革アクションプログラム」を決定し、公表した。

◆民主党がめざす税制抜本改革のビジョンを示すもので、与党内の税制調査会は廃止し、財務相の下に新たな政治家をメンバーとする政府税制調査会を設置するなど税制改正プロセスの抜本改革などを盛り込むほか、各税目の改革指針、2009年度税制改正についても言及している。

◆本稿は、民主党のアクションプログラムを与党の2009年度税制改正大綱との比較を中心にまとめたものである。

本レポートは、サマリーのみの掲載とさせて頂きます。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加