1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 法律・制度
  4. 税制
  5. 厚労省要望・確定拠出年金拡充案の分析

厚労省要望・確定拠出年金拡充案の分析

個人型確定拠出年金の拠出限度額拡大で所得控除拡大

2008年10月28日

金融調査部 主任研究員 是枝 俊悟

サマリー

◆厚生労働省の2009年度税制改革要望には確定拠出年金の拡充案が盛り込まれている。

◆企業年金のない会社員が加入する個人型確定拠出年金の拠出限度額の拡大を要望することが予想
される。

◆もしこれが実現すれば、確定拠出年金の拠出金を増やすと毎年9,000円~19,800円程度の減税となるので、拠出額を増やす加入者が多く出るであろう。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加