1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 法律・制度
  4. 税制
  5. 非居住者の課税関係

非居住者の課税関係

株式譲渡益に対する課税について

2006年10月31日

ニューヨークリサーチセンター 主任研究員(NY駐在) 鳥毛 拓馬

サマリー

◆本稿では、問い合わせの多い事項である非居住者に対する課税関係のうち株式譲渡益の課税について取り上げる。

◆国内に恒久的施設を有する非居住者については、居住者の場合と同様に取り扱われる。

◆他方、国内に恒久的施設を有しない非居住者については原則として非課税となる。

◆もっとも、恒久的施設を有しない非居住者にあたる場合でも、例外的に株式等の譲渡益に課税される場合がある

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加