1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 法律・制度
  4. 税制
  5. エンジェル税制拡充へ

エンジェル税制拡充へ

経済産業省2007年度税制改正要望事項

2006年10月31日

ニューヨークリサーチセンター 主任研究員(NY駐在) 鳥毛 拓馬

サマリー

◆経済産業省は、2007年度税制改正要望事項でエンジェル税制の拡充を求めている。

◆エンジェル税制は、1997年度に創設されたものであるが、9年間累計で対象とされた会社は83社のみであり、投資額も約28億円となっている(2006年3月31日時点)。経済産業省によると、ベンチャー投資の盛んなイギリスの約800億円の約40分の1にとどまっているとのことである。

◆本稿では、エンジェル税制の仕組みについて整理したうえで、2007年度税制改正要望事項の内容についてまとめる。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加