1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 法律・制度
  4. 税制
  5. 物納制度の見直しに伴う通達改正

物納制度の見直しに伴う通達改正

物納審査期間が法定されたことに伴い新たに手続関連の項目を設ける

2006年07月31日

ニューヨークリサーチセンター 主任研究員(NY駐在) 鳥毛 拓馬

サマリー

◆2006年6月26日、国税庁は「相続税法基本通達の一部改正について(法令解釈通達)」を公表した。

◆この通達改正は、2006年度税制改正で相続税及び贈与税の延納及び相続税の物納に関する法令が改正されたことに伴うものである。

◆本稿では、今回改正された通達のうち物納制度に関する部分について整理する。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加