1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 法律・制度
  4. 証券・金融取引の法制度
  5. 東証上場制度整備懇談会 ライツ・オファリングの見直し

東証上場制度整備懇談会 ライツ・オファリングの見直し

ノンコミットメント型を制限へ

金融調査部 主任研究員 横山 淳

サマリー

◆2014年7月25日、東証の上場制度整備懇談会は、「我が国におけるライツ・オファリングの定着に向けて」を公表した。


◆この中で、上場制度整備懇談会は、ライツ・オファリングの現状や問題点を踏まえて、①ノンコミットメント型ライツ・オファリングについては、証券会社による審査又は株主の承認を受けた上で、一定の業績基準を要求する、②ライツ(新株予約権)の上場日を権利行使期間の開始後とする、といった提言を行っている。


◆これを踏まえて、東証は、2014年9月3日、上場基準の見直しなどを行う「新株予約権証券の上場制度の見直しについて」を公表し、①については2014年10月、②については会社法改正法の施行日から実施する方針を明らかにした。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

執筆者のおすすめレポート