1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 法律・制度
  4. 証券・金融取引の法制度
  5. 継続開示書類の提出期限延長の承認制度の導入

継続開示書類の提出期限延長の承認制度の導入

有価証券報告書・四半期報告書・半期報告書について導入

金融調査部 主任研究員 金本 悠希

サマリー

◆金融商品取引法により、上場会社などは有価証券報告書などの継続開示書類を一定期間内に提出することが義務付けられている。

◆6月に行われた金融商品取引法等の改正により、継続開示書類の提出期限延長の承認制度が導入された。有価証券報告書・四半期報告書・半期報告書については、やむをえない場合には内閣総理大臣の承認を受けた期間だけ、提出期限を延長することが認められることとなった。

◆9月19日に公表された政省令改正案に、提出期限延長の承認の手続きが規定されている。具体的には、承認を受けようとする期間、承認を必要とする理由、承認を受けた旨を公表する方法等を記載した申請書を、財務局長等に提出するよう規定している。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加