1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 法律・制度
  4. 証券・金融取引の法制度
  5. 株式誤発注に関する東証、日証協の対応

株式誤発注に関する東証、日証協の対応

日証協による注文管理体制に関する決議が10月1日から施行

金融調査部 主任研究員 金本 悠希

サマリー

◆9月25日にTOPIX が一時急落する場面があった。証券会社が誤ってTOPIX に連動する複数銘柄の売り注文を出したことによるものと見られる。

◆昨年12月のジェイコム株誤発注事件を受けて、東証は、上場株式数の30%を超える注文を受け付けないなど誤発注を防止する体制整備を図っている。

◆日証協も注文管理体制に関する決議を定め、協会員に買付代金又は売付有価証券の事前預託などを求めている。この決議は、この10月1日から施行される予定である。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加