1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 法律・制度
  4. 証券・金融取引の法制度
  5. 金融商品取引法法制における預金・保険の取扱い

金融商品取引法法制における預金・保険の取扱い

投資性の強い預金・保険には金融商品取引法の規制を一部準用

金融調査部 主任研究員 金本 悠希

サマリー

◆2006年6月7日、証券取引法の金融商品取引法への改正と同時に、銀行法・保険業法なども改正されている。

◆金融商品取引法は、縦割りの業規制を見直し、金融商品取引業として横断的に規制を行うことを目指している。しかし、銀行業・保険業などは含まれず、今後も基本的に各業法によって規制される。

◆ただし、投資性の強い預金・保険については、一定の範囲で金融商品取引法の規制が準用される。外貨預金・デリバティブ預金、変額保険・外貨建て保険などに準用される見込みである。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加