1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 法律・制度
  4. 証券・金融取引の法制度
  5. 課徴金の2件目の適用事例

課徴金の2件目の適用事例

「見せ玉」も課徴金の対象とする方向で検討へ

金融調査部 主任研究員 金本 悠希

サマリー

◆金融庁は、2006年2月15日に、インサイダー取引で課徴金納付命令決定を行った。2005年4月1日から証券取引法上の課徴金制度がスタートしてから、2件目の適用事例である。

◆課徴金は、行政上の措置であり、厳格な刑事裁判手続きより機動的な運用が期待されている。課徴金により証券取引法の規制の実効性が高まることが予想される。

◆今後注目される動きとして、金融庁は、証券会社によるものも含めて、「見せ玉」も課徴金の対象とすることで検討に入ったと伝えられている。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加