1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 米国
  5. 米雇用者数の増加幅の鈍化は一時的だろう

米雇用者数の増加幅の鈍化は一時的だろう

2014年8月の米雇用統計:質的には限定的な改善

2014年09月08日

政策調査部 主席研究員 土屋 貴裕

サマリー

◆8月の非農業部門雇用者数は前月から14.2万人増加し、失業率は前月から0.1%ポイント低下して6.1%となった。雇用者数の増加ペースは事前の市場予想を下回り、失業率は市場予想と一致した。


◆雇用は、業種別では主に企業向けサービスと教育・医療で増えた。全体の増加幅が抑制された要因として、小売業での経営を巡るトラブルが指摘される。


◆長期失業者が減少し、わずかながら賃金が増えるなど、限定的ながら質的にも改善した。一時的要因を含めて考えるとそれほど悲観的な内容ではないとしても、雇用・所得環境の改善ペースは加速しているわけではない。金融政策の先行きを考えるにあたっては、慎重な判断が求められると言えよう。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加