1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 米国
  5. 米雇用環境は改善ペースが加速

米雇用環境は改善ペースが加速

2013年2月雇用統計:今後は労働参加率の変動に注目

2013年03月11日

笠原 滝平

サマリー

◆2013年2月の非農業雇用者数は前月差23.6万人増、2ヶ月ぶりに20万人台の増加幅となり市場予想を上回った。過去2ヶ月分の雇用者数は合計では1.5万人の下方修正であったが、昨年末から雇用者数の増加ペースが加速していることからポジティブな内容と捉えている。


◆分類別にみると、政府部門は引き続き減少した。今後も歳出の一律削減が決まったことなどにより人員削減ペースは加速する可能性がある。ただし、民間部門は堅調である。特に、これまで緩慢であった製造業の増加ペースが加速しつつある点を前向きに捉えている。また、民間・サービス部門も幅広い業種で増加が続き、1月から増加幅が拡大した。


◆失業率は1月から0.2%ポイント低下し、2008年12月以来の低水準となる7.7%になった。労働参加率が低下しており、失業率の改善をある程度割り引いてみる必要があるものの、就業者数の増加、失業者数の減少などポジティブな点もある。足下で就業率が僅かに改善しており、今後は労働参加率の上昇を促す可能性がある。先行きの雇用環境をみる上で、雇用者数、失業率などヘッドラインの数字に加え、労働参加率の変動にも注目すべきだろう。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加