1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 日本
  5. 2019年7-9月期GDP一次速報予測~前期比年率+0.9%予想

2019年7-9月期GDP一次速報予測~前期比年率+0.9%予想

駆け込み需要等で内需はプラス/外需は2四半期連続のマイナス

2019年10月31日

経済調査部 エコノミスト 山口 茜

小林 俊介

サマリー

◆2019年7-9月期のGDP一次速報(2019年11月14日公表予定)では、実質GDPが前期比年率+0.9%(前期比+0.2%)と、4四半期連続のプラス成長を予想する。消費増税前の駆け込み需要などにより内需が堅調に推移した一方、外需寄与度は落ち込んだ。

◆<内需>個人消費は2四半期連続の増加、住宅投資は5四半期ぶりの減少、設備投資は2四半期連続の増加を見込む。消費は消費増税前の駆け込み需要が押し上げ要因となったが、住宅投資では駆け込み需要は既にピークアウトし減少に転じたと考えられる。また、公共投資は3四半期連続の増加を見込む。

◆<外需>輸出は3四半期ぶりの増加を予想する。財輸出は増加した一方、日韓関係悪化に伴う訪日韓国人の減少等によりサービス輸出は減少したとみられる。輸入が輸出を大きく上回って増加したことで、外需寄与度は▲0.2%ptと2四半期連続でマイナス寄与となる見通しだ。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加