1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 日本
  5. 2018年5月貿易統計

2018年5月貿易統計

中国の日用品等関税率引き下げによる関税減少額は1,271億円、 米国の自動車等関税率引き上げによる関税増加額は2.2兆円と試算

2018年06月18日

経済調査部 研究員 廣野 洋太

小林 俊介

サマリー

◆2018年5月の貿易統計によると、輸出金額は前年比+8.1%(市場コンセンサス:同+7.5%)と前月(同+7.8%)からプラス幅が拡大、輸入金額も同+14.0%と前月(同+5.9%)からプラス幅が拡大。貿易収支は▲5,783億円と3ヶ月ぶりの赤字となった。

◆輸出数量(大和総研による季節調整値)は前月比▲4.1%と3ヶ月ぶりに減少した。地域別に見ると、EU向け(同▲13.1%)、米国向け(同▲4.9%)、アジア向け(同▲2.3%)で幅広く減少した。EU向けは、2017年中ごろから増勢が頭打ちとなっており、足下では船舶の大幅な減少があった。米国向けは、自動車が牽引役となり堅調に伸びていたが、2018年に入り足踏みしており、5月は特に自動車が大幅に減少した。アジア向けは、半導体等製造装置を中心とした伸びが、2017年末ごろから鈍化している。2018年5月は原動機などの減少が全体を押し下げている。

◆また中国は、日用品などの関税率の引き下げを決定している。公表されている情報をもとに減少する関税額を試算すると1,271億円程度となる。一方、米国の自動車関連輸入の調査が始まっており、その動向には注意が必要である。足下で報道されている25%の関税が自動車とその部品にかけられた場合、メキシコやカナダなど第三国からの自動車輸出も含めると関税の増加額は全体で2.2兆円程度と試算され、中国の輸入関税引き下げのプラス効果を上回るマイナス効果となる。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加