1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 経済分析
  4. 日本
  5. 7月全国消費者物価

7月全国消費者物価

コアCPIは前年比ゼロで踏みとどまるも、下方向へのリスクが高まる

2015年08月28日

金融調査部 主任研究員 長内 智

小林 俊介

サマリー

◆2015年7月の全国コアCPI(除く生鮮食品、以下コアCPI)は前年比0.0%と、市場コンセンサス(同▲0.2%)を上回った。総じて見ると、コアCPIの前年比はゼロ近傍での推移が続いており、日本銀行の2%のインフレ目標や政府の目指す「デフレ脱却」には程遠い状況にあると言えよう。


◆2015年8月の東京コアCPI(中旬速報値)は、前年比▲0.1%(7月同▲0.1%)と2ヶ月連続のマイナスとなった。東京コアCPIの結果を踏まえると、8月のコアCPIは前年比▲0.1%となる見込みである。


◆先行きのコアCPIの前年比は、小幅なマイナスに転じ、しばらくマイナス圏で推移すると考えている。ここ最近になって、中国をはじめとする世界経済の減速懸念の高まりなどから、WTI原油先物価格が一時40ドル/バレルを下回る水準まで急落し、さらに「リスクオフ」の円高が進むなど、新たな下押し圧力が生じている点にも注意したい。


◆前月からの大きな環境変化として、世界経済の減速懸念などを背景とする原油安や円高によって、わが国の経済・物価情勢に対して下方向のリスクが高まっていることが挙げられる。日本銀行はいわゆる2つの「柱」に基づいて経済・物価情勢の点検を行っているが、足下では、そのいずれの「柱」についても不確実性が増していると言えよう。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加