1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 金融資本市場分析
  4. ESG投資
  5. ESGキーワード
  6. クールビズ

クールビズ

2013年05月02日

政策調査部 主任研究員 鈴木 裕

温室効果ガス削減のため、冷房時の室温を28℃にしてもオフィスで快適に過ごせるようにするため、2005年から環境省が推進しているライフスタイルを「クールビズ(COOLBIZ)」という。環境省では、当初6月から9月をクールビズの実施期間としていたが、2011年の東日本大震災以降、節電の取組が必要とされるため、開始が1ヶ月早まり(5月1日スタート)、終了日も1ヶ月延長(10月31日終了)することとなった。また、各主体の温暖化防止及び節電の取組を推進するため、より一層の軽装や暑さをしのぐ工夫などの普及啓発を行うスーパークールビズも実施されている。


クールビズの内容としては、服装の素材からデザイン・コーディネート等の提案がなされているほか、オフィススペースにおいてミントやラベンダーなどの香りを活用するなどの様々な工夫に関する提案もあるという。スーパークールビズでは、更なる軽装の奨励や勤務時間のシフトなどのワークスタイルの変革に加え、冷房が運転されている涼しい場所で多人数が過ごすクールシェアの励行も行われている。


2010年11月の調査によれば、冷房の設定温度を高く設定している企業は52.9%に上るという。これによる二酸化炭素削減量は年間約169万トンとの推計がある(※1)。クールビズ等の働きかけを含む「温暖化防止国民運動」の広報予算としては、平成21年度からの5年間でおよそ60億円が計上されている(※2)


参考文献

環境省報道発表資料「平成25年度クールビズについて(お知らせ)」(平成25年4月26日)

(※1)「平成22年度の『COOL BIZ』の成果について」

(※2)「平成24年行政事業レビューシート(環境省) 低炭素社会づくり推進事業等」


(2013年5月2日掲載)

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加