1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 金融資本市場分析
  4. ESG投資
  5. 見えてきた電力小売全面自由化の課題と展望

見えてきた電力小売全面自由化の課題と展望

市場競争の進展には、新電力の供給力調達と需要家行動の促進が必要

2016年10月21日

大澤 秀一

サマリー

◆電力需要(販売電力量)は今後、安定期に入ると考えられることから、市場競争の重点はより一層、コストあるいは新たな付加価値を伴う商品・サービスに移るであろう。電力小売市場に参入した新電力は357社を数え、電気料金(低圧電灯・電力の電力量単価)は電力会社の規制料金より4%程度、割安ではあるが、シェアは特別高圧・高圧(9.7%)、低圧電灯・電圧(1.2%)と苦戦している。


◆本来であれば、価格を基準として活発な競争が進展することが想定されるが、低圧電灯・電力では今春から自由化が実施されたばかりであることや、卸電力取引所の流動性(取引量)が低いことが新電力の供給力調達の障壁になっていること等から、市場競争が進展していない可能性が指摘できる。今後は、FIT電気や原発再稼働による余力相当の電気が卸電力取引所に供出されることが期待されるため、競争環境の整備は徐々に進むと見込まれる。


◆市場競争の進展には需要家の積極的な行動も重要である。需要家アンケートからは契約を切替た需要家の満足度は高いことから、今後は、制度内容の理解促進や料金メニューの簡素化等によって切替行動を促すことが必要であろう。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加