1. トップ
  2. レポート・コラム
  3. 金融資本市場分析
  4. ESG投資
  5. 依然として続く、事業会社の株式持ち合い強化

依然として続く、事業会社の株式持ち合い強化

-株式持ち合い構造の推計:2008年版-

政策調査部 主任研究員 伊藤 正晴

サマリー

◆1991年度から2007年度の各年度における株式持ち合い状況を分析したところ、銀行を含む上場企業全体の持ち合い株の比率(対市場全体)は、金額ベースで06年度の8.7%から07年度は9.0%へと上昇、株数ベースでも同様に5.9%から7.1%へと上昇した。

◆特に、事業会社同士の持ち合い強化の動きが続いており、金額ベースでは01年度の1.57%を底にして07年度の3.21%まで連続して上昇、株数ベースでも04年度の1.65%から07年度の2.28%まで連続して上昇している。

◆07年度の事業会社同士の持ち合い形成を調べると、持ち合い株の増加上位業種は電気機器、その他製品、輸送用機器であった。これは、シャープとパイオニア、ヤマハとヤマハ発動機による持ち合いの形成の影響が大きい。

◆07年度での株式保有状況を基に、2008年9月末での事業会社の保有株を評価すると、07年度末に対して11.1%の損失、10月末時点では損失が30.6%にまで拡大する。これは実績経常利益に対してそれぞれ9.1%と25.2%に相当する規模で、持ち合い株式のみの損失でも3.5%、11.0%に相当する。

◆株式の保有や株式持ち合いは、株価変動が企業価値に与えるリスクを認識し、そのリスクを負担することに見合った企業価値の向上をもたらすことが要求されよう。

このコンテンツの著作権は、株式会社大和総研に帰属します。著作権法上、転載、翻案、翻訳、要約等は、大和総研の許諾が必要です。大和総研の許諾がない転載、翻案、翻訳、要約、および法令に従わない引用等は、違法行為です。著作権侵害等の行為には、法的手続きを行うこともあります。また、掲載されている執筆者の所属・肩書きは現時点のものとなります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加